強くたくましく、心と体を鍛える・川越市の空手道場 琉拳會

強い体を作る

強い身体を作る

昔、琉拳會がフルコンタクト空手団体の
支部だった時は、競技が中心でしたので
選手たちは常に猛特訓,

心拍数をバンバン上げて雄叫びをあげ、
ミット稽古やスパーリング、そして
サーキットトレーニングなどで
徹底的に身体を苛め抜きチャンピオン
になることだけを目指していました。


画像の説明


このような心拍数を上げる稽古は
精神的にもポジティブになるので
とても大切です。
(サーキットトレーニングなども
とても有効です。)

しかし、まず身に付けて欲しい強さは、
一部の身体能力の高い人にしか身に付か
ないものやスポーツの世界にあるような
引退したら終わりと言うものでありません。

何歳からでも、いつまでも、誰もが
着実に強くなっていき、一生の財産
となるような基本的な強さです。

そして、その強さを求めていく中で
優しさや謙虚な気持ち、感謝の心
いかに大切な事かが分かります。

画像の説明



細胞から生まれ変わる
強い身体の作り方

それは激しい運動や筋力トレーニングで
手っ取り早く身体を強くするのではありません。

身体の根本から変えていくのには生活習慣を
変えて行くことが大切なので、時間をかける
ことが必要です。

また、無理もいけません。
急激なトレーニング、急激な食事法を行うと
必ずリバウンドが起こります。

CMのために急激なダイエットをして苦しんでいる
芸能人のニュースが雑誌やネットで話題になって
いますね。

まず、大切なのは無理のない範囲で行う事です。

運動と共に地球上のエネルギーを身体に最大限に
取り入れながら、毎日の生活習慣を
ゆっくり変えていきます。

その地道な積み重ねによって変わって行く
という事が大切なのです。
*決して競技での強さを目指すものではありません。
 競技での強さを目指す場合その競技に適した
 トレーニングが必要です。


地球のエネルギーとは


1・風(空気)


2・水


3・大地


4・火(炎)


この4つのエネルギーです。


強い身体を作る第一歩はこのエネルギーを
効率よく身体に取り入れ、呼吸法の伴った
最適な運動(型)の稽古を行う事です。

この習慣によって身に付けた強い身体は
怪我をしにくくなり病気にもなりにくく
なります。

また、アスリートの基礎となる身体の強さも
身に付きます。

是非、ご家族で楽しみながら挑戦して
みてください。

ただし、道場生には、もう一つ強い身体を作る
ために学んでもらいたいことがあり、それが
琉拳会の大きな特徴です。



画像の説明
「黒帯まで頑張るぞ!」

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional