強くたくましく、心と体を鍛える・川越市の空手道場 琉拳會

掃除から学ぶ

掃除から学ぶ大切な事

私たちは稽古の時、毎回道場を
きれいに掃除しています。

掃除を稽古の前後に行うことで、
場を整えて集中する環境ができること

そして、なによりも道場に感謝の
気持ちを込めるためです。

そのため掃除は稽古と同じように
大切で掃除の意味や掃除の仕方を
みんなで考えて工夫しています。

掃除するという事はとても
「良い習慣」が身に付きます。

画像の説明

1・整理

掃除を行う前に、整理を行います。

整理とは、場を整えると同時に
不要な物を捨てることです。

整理を効率よく行うためには、
自分が管理できる適正量を
知らなくてはいけません。

散らかるのは
「適正量をわかっていない」からです。

画像の説明

2・整頓

整理の次は整頓をします。

整頓とは、すぐに使える状態に
物を配置する事です。

自分やみんなが使いやすく
動きやすいように「動線」を
考えて配置します。

画像の説明

3・掃除
清掃清潔整頓を合わせて
掃除」となります。

*窓を開け換気します。
*片づける部分の物を全部出して片づけます。
*使う物を、取りやすい順に整理します。
*清掃します(掃く)
*清潔にします(拭いたり、磨いたり)
*整頓します(物を使いやすく配置します)

掃除をする事で、
良い習慣、協調性が身に付き、
相手を思いやる心、感謝の心が育ちます。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional